不動産、賃貸・売買のことならプランニングアートへ

不動産(住宅、マンション)を中心に取り扱っております。

不動産、賃貸・売買ならお任せください。

不動産、マンション購入、売却。プランニングアート株式会社のホームページです。

  • 0120-15-9811
  • 9:00~18:00/日曜祝日9:30~18:00/毎週水曜・第一三木曜定休
お部屋探しガイド 物件内見チェックシート 物件内見チェックシート 賃貸トラブルQ&A 防犯マニュアル 防犯マニュアル

お部屋探しをする上で、やっぱり心配なのが防犯面。 一口に「防犯」と言っても、ピッキング、空き巣、下着泥棒・・・と数多い犯罪。

とくに女性なら気になるところです。 より安心・安全で快適な暮らしを楽しむために、アパート・マンションの防犯設備や、自分で出来る防犯対策

などをまとめてみました。お部屋選びの参考に、また一人暮らしを始めてからの防犯対策にどうぞ。

お部屋探しのコツ

 

マンションに入る集合玄関が、専用のカギや暗証番号を使わないと入れないので安心。

ただし、ドアが開いているすきに部外者が入ることもあるので、過信は禁物です。オートロックがあるからといって、お部屋の玄関のカギ閉めずに出かけるというのは絶対にやめましょう。

オートロック

最近では、屋上からロープで最上階のベランダへ侵入するといった事件もありますが、2階以上なら下着泥棒はまず心配ないでしょう。ただし、2階なら塀や電柱をつたって上がってこれるという意見もありますので、不安であれば3階以上のお部屋が安心です。

2階以上の部屋

塀や樹木で隠れるお部屋は、外からお部屋の様子が見えないというメリットがある反面、目立ちにくいので

空き巣が入りやすいというデメリットもあります。

視 界

近くに交番があると、空き巣や泥棒が近寄り難いのが事実。もし近くになければ、どこに警察があるかは最低把握しておきましょう。

交番の近く

呼び鈴がなっても、ドアを開ける必要がなく誰が来たかを確認出来ます。 ただし、言葉だけなので信用は

しないで。必ずチェーンをかけて出るようにしましょう。カメラモニターなどがついていると、より安全です。

インターホン

防犯カメラ

マンションの玄関などに防犯カメラがあると、空き巣や泥棒が近寄り難くなります。

ピッキング防止のディンプルキーなど、すぐには開けられない特殊なもの。ドアに2つカギがついている、

2重ロックとなっていたりするものも比較的安全です。 

ドアのカギ

生活のコツ

 

ホームセンターに行けば、ドアを傷付けずにカギを追加できるものが売っており、簡単に自分でも2重ロックにすることができます。ただし、付けていいかどうかは、必ず不動産会社か大家さんに確認しましょう。他にもサムターン回しやピッキングの防止品など数多く売っていますので、チェックしてみると良いでしょう。

カギの交換

ダイレクトメールや手紙など住所と名前が特定されるものは、シュレッダーにかけるか、なるべく名前と住所の部分をマジックで塗りつぶしてビリビリと破いて捨てましょう。雑誌を捨てる際も、女性紙などは他の雑誌の間にはさんで隠す、などの工夫をすると良いでしょう。

ダイレクトメールの処理

フルネームの表札は女性だと分かってしまいます。表札を出さない、もしくは名字だけにすると良いでしょう。

ダミーで男性の名前も一緒に入れるというのも◎です。

表 札

「女性の一人暮らし」ということが簡単に分かってしまう洗濯物。屋外に干さず、お部屋の中で干すという

手もありますが、昔からよく言われているのが男性モノの下着を一緒に干すという方法。

ちょっと恥ずかしいですが、意外に効果てき面です。

洗濯物にひと工夫

人通りが少なく暗い立地に建つ住まいは、夜遅くの一人歩きの際に危険です。24時間営業のコンビニや交番

など、周囲の状況を把握しておき、いざという時に走って逃げれる場所を確保しておきましょう。

駆け込み場所を確認

深夜のエレベーターはとくに危険。一人でエレベーターに乗るときは、不審者が乗り込まないか注意して下さい。不審者が乗ってきた場合は、扉が閉まる前にいったん降りたほうが賢明です。扉が閉まってしまったら、相手の行動を常に確認できる位置に立ち、一番近い階のボタンを押してすぐに降りましょう。

エレベーターは要注意

誰だか分からない人からの電話に出るときは、絶対に名乗らないこと。例えば、「はい、○○です」と答えたことで相手に名前を悟られ、「警察です。○○さんのご両親が事故にあわれて…」と、いわゆる「振り込め

詐欺」の電話であっても、名前を確認されたら思わず信じてしまう可能性もあります。また、留守番電話に

自分の声を吹き込まない、「○○頃まで留守です」など留守を知らせないことなども徹底しましょう。

電 話